Update copyright headers
[qt:qt.git] / doc / src / ja_JP / development / qmake-manual.qdoc
1 /****************************************************************************
2 **
3 ** Copyright (C) 2015 The Qt Company Ltd.
4 ** Contact: http://www.qt.io/licensing/
5 **
6 ** This file is part of the documentation of the Qt Toolkit.
7 **
8 ** $QT_BEGIN_LICENSE:FDL$
9 ** Commercial License Usage
10 ** Licensees holding valid commercial Qt licenses may use this file in
11 ** accordance with the commercial license agreement provided with the
12 ** Software or, alternatively, in accordance with the terms contained in
13 ** a written agreement between you and The Qt Company. For licensing terms
14 ** and conditions see http://www.qt.io/terms-conditions. For further
15 ** information use the contact form at http://www.qt.io/contact-us.
16 **
17 ** GNU Free Documentation License Usage
18 ** Alternatively, this file may be used under the terms of the GNU Free
19 ** Documentation License version 1.3 as published by the Free Software
20 ** Foundation and appearing in the file included in the packaging of
21 ** this file.  Please review the following information to ensure
22 ** the GNU Free Documentation License version 1.3 requirements
23 ** will be met: http://www.gnu.org/copyleft/fdl.html.
24 ** $QT_END_LICENSE$
25 **
26 ****************************************************************************/
27
28 /*!
29     \page qmake-tutorial.html
30     \title qmake チュートリアル
31
32     このチュートリアルでは \c qmake の使い方を説明します。
33     このチュートリアルを読み終わったら \c qmake
34     のユーザガイドを読むことをお勧めします。
35
36     \section1 簡単な例
37
38     アプリケーションの基本的な実装は既に完了していて、
39     次のファイルが作成されていると仮定します。
40
41     \list
42     \o hello.cpp
43     \o hello.h
44     \o main.cpp
45     \endlist
46
47     これらのファイルは Qt ディストリビューションの
48     \c{examples/qmake/tutorial} ディレクトリにあります。
49     アプリケーションの設定について知っておくべきことは、
50     それが Qt で書かれているということだけです。
51     まず、テキストエディタで \c{examples/qmake/tutorial} に
52     \c hello.pro というファイルを作成します。
53     最初にすることは、開発プロジェクトに含まれるソースファイルとヘッダファイルを
54     \c qmake に教える行を追加することです。
55
56     ソースファイルをプロジェクトファイルに追加します。
57     これには \l{qmake Variable Reference#SOURCES}{SOURCES} 変数を使います。
58     新しい行を作り、\c{SOURCES +=}、続いて hello.cpp を入力します。
59     つまり、以下のようになります:
60
61     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 108
62
63     これを以下のようになるまでプロジェクトの各ソースファイルに対して行います:
64
65     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 109
66
67     make に似たシンタックスを使いたい場合は、
68     以下のように改行をエスケープしてすべてのファイルを 1 行に書きます:
69
70     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 110
71
72     ソースファイルの一覧をプロジェクトファイルに追加しました。
73     次にヘッダファイルを追加します。
74     ヘッダファイルはソースファイルと全く同じ方法で追加することができます。
75     ただし変数は \l{qmake Variable Reference#HEADERS}{HEADERS}
76     を使います。
77
78     これを終えると、プロジェクトファイルは以下のようになるでしょう:
79
80     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 111
81
82     ターゲットの名前は自動的に設定され、
83     プロジェクトファイルと同じ名前になります。
84     ただしプラットフォームに合わせたサフィックスがつけられます。
85     例えば、プロジェクトファイルが \c hello.pro である場合、
86     ターゲットは Windows では \c hello.exe 、Unix では \c hello になります。
87     プロジェクトファイルで別の名前を指定することもできます:
88
89     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 112
90
91     最後に \l{qmake Variable Reference#CONFIG}{CONFIG} 変数を設定します。
92     このアプリケーションは Qt アプリケーションなので \c CONFIG に
93     \c qt を追加する必要があります。
94     \c qmake は リンクの必要があるライブラリを追加し、
95     \c moc と \c uic の実行コマンドが Makefile に含まれるようにします。
96
97     最終的なプロジェクトファイルは以下のようになります:
98
99     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 113
100
101     \c qmake を使って、このアプリケーションのための Makefile を生成します。
102     プロジェクトのディレクトリでコマンドラインに次のように入力します:
103
104     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 114
105
106     そして、使用するコンパイラによって \c make または \c nmake を入力します。
107
108     Visual Studio ユーザの場合、\c qmake は、以下のように
109     \c .dsp ファイルまたは \c .vcproj ファイルも作成できます:
110
111     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 115
112
113     \section1 アプリケーションをデバッグできるようにする
114
115     アプリケーションのリリースバージョンはデバッグシンボルなどのデバッグ情報を含みません。
116     開発中は、関連情報を含むアプリケーションのデバッグバージョンを作成するのが便利です。
117     これは、プロジェクトファイルの \c CONFIG 変数に \c debug
118     を追加することで簡単に実現できます。
119
120     たとえば:
121
122     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 116
123
124     直前の例と同様に、Makefile を生成するには \c qmake を使います。
125     アプリケーションをデバッグ環境で実行する際に役に立つ情報を得られるようになります。
126
127     \section1 プラットフォーム固有のソースファイルを追加する
128
129     数時間コーディングをしていると、
130     アプリケーションにプラットフォーム固有な部分が出てきて
131     プラットフォーム固有のコードを別のファイルに分けたい場合があるかもしれません。
132     ここでは 2 つのファイル \c hellowin.cpp と \c hellounix.cpp があるとして、
133     これをプロジェクトファイルに追加します。
134     これらのファイルをそのまま \c SOURCES 変数に追加することはできません。
135     なぜなら、両方のファイルが Makefile に追加されてしまうからです。
136     \c qmake が実行されたプラットフォームにしたがって処理されるスコープを使う必要があります。
137
138     Windows 用のファイルを追加するシンプルなスコープは以下のようになります:
139
140     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 117
141
142     \c qmake が Windows 上で実行されると、ソースファイルのリストに
143     \c hellowin.cpp が追加されます。
144     \c qmake が他のプラットフォームで実行された場合、この部分は無視されます。
145     次に Unix 用ファイルのスコープを作成します。
146
147     これを終えると、プロジェクトファイルは以下のようになります:
148
149     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 118
150
151     これまでと同様に、Makefile を生成するには \c qmake を使います。
152
153     \section1 ファイルが存在しない場合に qmake を中止する
154
155     特定のファイルが存在しない場合に Makefile を作成したくない場合、
156     exists() 関数を使ってファイルが存在するかどうかを確認することができます。
157     また error() 関数を使って \c qmake の処理を中止させることができます。
158     これらの関数はスコープとして動作します。
159     使い方はスコープの条件をこれらの関数で置き換えるだけです。
160     \c main.cpp ファイルの確認は以下のようになります :
161
162     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 119
163
164     記号 \c{!} はテストを否定します。
165     つまり \c{exists( main.cpp )} はファイルが存在する場合に真になり、
166     \c{!exists( main.cpp )} はファイルが存在しない場合に真になります。
167
168     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 120
169
170     前と同様に、\c qmake を実行して Makefile を生成します。
171     仮に \c main.cpp の名前を変更すると、上記のメッセージが表示され、
172     \c qmake は処理を中止します。
173
174     \section1 複数の条件をチェックする
175
176     Windows を使っていて、
177     コマンドラインからこのアプリケーションを実行したときに
178     qDebug() の出力を見ることができるようにしたい場合、
179     アプリケーションをコンソールの設定を追加してビルドする必要があります。
180     Windows で Makefile をこの設定にするには、
181     \c CONFIG に \c console を追加します。
182     Windows で実行されていて、\e{かつ} \c CONFIG にすでに \c debug
183     がある場合にのみ \c CONFIG を追加したい場合があるかもしれません。
184     このような場合、2 つのスコープをネストさせて使います。
185     まず 1 つのスコープを作成し、その中にもう 1 つスコープを作成します。
186     そして 2 つのスコープの中に設定を書きます。例えば:
187
188     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 121
189
190     ネストされたスコープはコロンを使ってつなぐことができます。
191     最終的なプロジェクトファイルは以下のようになります:
192
193     \snippet doc/src/snippets/code/doc_src_qmake-manual.pro 122
194
195     以上です。\c qmake のチュートリアルが終了しました。
196     それでは、あなたの開発プロジェクトのプロジェクトファイルを作成してみましょう。
197 */
198